ゴールデンタイムに起きている身体への影響

2014年11月5日 / 未分類

Šî–{ RGB人間の眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠があり、夜に寝ている時には両方を繰り返すと言われています。このうち脳が覚醒しているレム状態と異なり、ノンレム睡眠の間は生理作用を除き体が完全に休んでいる状態です。この深い眠りの間に人間の身体は成長ホルモンを分泌します。これは別名若返りホルモンとも呼ばれ、疲れをとったり、病気などの刺激から体を守ったりするだけでなく美容にも効果があります。0時から2時までの間が一番分泌が促されるので、このゴールデンタイムの間に眠りについておくと、老化を抑制することができます。また入眠後2時間くらいが一番深く眠れる時間ですが、若い時に較べ年を重ねるのつれて良質な睡眠は難しくなりホルモンの出方も悪くなります。メラトニンやヒト成長ホルモンのサプリメントを飲んでから寝る美容法は米国にはありますが、日本ではまだ認可が下りていません。サプリメントには副作用の可能性もありますが、生活習慣の改善により成長ホルモンをより多量に、よりスムーズに出やすくすることはできます。できるだけ、日付が変わらないうちに横になり、暗い部屋でリラックスできる状態にするなど環境を整えておくと寝つきが良くなります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る