メラトニンの働きついて

2015年2月19日 / 未分類

メラトニンはもともと人体に備わっている睡眠を促進するホルモンの一種です。人間の身体は寝ている間に回復しますが、その作用が特に高まるのは0時から午前2時くらいまでのゴールデンタイムであり、この間に成長ホルモンが分泌されます。眠りが深いほどよく分泌され、健康維持だけでなく若返りや美肌に効果がある奇跡のホルモンと言われます。分泌量が足りないと疲れがとれにくく、美容器にかかりやすくなったり、新陳代謝が落ちて病気にかかりやすい状態になりがちです。米国ではサプリメントでメラトニンを就寝前に飲んでから眠りにつく美容法が一時期流行しましたが、日本ではまだ正式にサプリメントとしての認可はうけていません。容量によっては副作用がある懸念もあるので、生活習慣の改善で自分自身での分泌改善を図るのが健康的にはベストです。若いときには多量に分泌されますが、年齢を重ねるごとに量は減っていき、睡眠の質を下げると共に老化を促進します。入眠後2時間位が一番メラトニンが活性化するので、部屋をなるべく暗くし、胃に負担をかけないよう寝る直前に食事や激しい運動は避け、パソコンなども控えて横になってからすぐに眠りにつけるような環境を整えておくことが大切です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る