レプチンの働きについて

2015年2月19日 / 未分類

レプチンとは食欲と代謝の調節を行うタンパク質の一種であり、インスリンの作用を受けることで血液中に分泌されるホルモンです。まず食べ物を摂ることにより血糖値が上昇します。その結果、脂肪細胞が刺激されレプチンが分泌され、血管の中を通り脳内へ作用します。脳の視床下部にはレプチン受容体というものがありその受容体と合体することにより満腹中枢が刺激され、食欲が抑制されるという仕組みになっています。更に交感神経の活動を活発にすることができるので白色脂肪細胞を分解し燃焼させることが出来るのです。その結果カロリー消費量を高めることになるので体内の代謝が大変よくなります。簡単に言えばお腹がいっぱいという感覚をきちんと脳から体に伝えることで、余計なカロリーを必要以上に取り込まなくてすみます。その上体内のエネルギー代謝を上げることにより余計なものをドンドン燃焼させることが出来るので肥満を防ぐことに貢献します。そもそも名前の由来がギリシャ語で「痩せている」を意味するものですから肥満抑制に大変重要な物質と言えます。また、睡眠量が少なすぎると分泌が低下する為、きちんと分泌させる為には十分な睡眠が必要と言われています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る