成長ホルモンの働きについて

2015年2月19日 / 未分類

成長ホルモンは臓器や細胞、骨などの組織の成長を促進する働きのある物質で、子供が成長するために必要とされるホルモンです。その他にも、脳の記憶力を高めたり、脂肪の燃焼を促す作用や、新陳代謝を活発にし疲労回復や細胞の修復と再生をする働きもあります。最近では体内の細胞の再生を促すことから、美肌効果や老化を防ぐ効果があるとして、若返りホルモンとも呼ばれています。
成長ホルモンは寝ている時に多く作られ、夜10時~2時の間に最も多く分泌されます。この時間帯はゴールデンタイムと言われ、美肌や若返りを期待する人はこの時間帯に就寝することがよいとされています。しかし、近年はライフスタイルの多様化で、ゴールデンタイムに就寝できない人も多いのが現状です。また、眠りについた2時間後の深い眠りの間に分泌が始まるため、眠りが浅いと正常に分泌されないこともあります。成長ホルモンの分泌が少ないと疲れが取れず、免疫力の低下や肌の老化などを促してしまうため、できるだけゴールデンタイム内に質の良い睡眠をとることが必要です。そのためには、日頃から早めの就寝を心がけ、ストレスを上手に解消し、夜遅い時間までパソノン操作をしないなど、熟睡できる環境を整えることがとても大事です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る